ブログ

先日からお伝えしている

管理栄養士ってなにしているの?

ですが、今日は、

さらに細かく掘り下げてみようと

思います。

 

管理栄養士の活躍は

多岐に渡ります。

 

  • 「病院」「診療所」などで栄養面から病気の治療をサポート

医師や看護師やその他の職種と連携して

栄養サポートチーム(Nutrition Support Team; NST )などを

構成する病院が増え

患者さんの病状や栄養状態に合わせた、

たとえば、外科手術後の患者さんや、

低栄養の患者さんなどに対し、高度な栄養管理を行います。

入院だけではなく

退院後の食生活について外来で指導を行うこともあります。

 

近年、ドラックストアや調剤薬局の窓口で

薬剤師と連携して

栄養相談を行うケースも増えてきています。

 

  • 「福祉施設・介護施設」で献立作成や調理を行う

高齢者向け施設や児童福祉施設などで、

利用者の年齢に応じた食事と栄養をサポートしています。

ここでも、医師・歯科医師・看護師・介護職員・リハビリ職員らと連携し、

家族と共にチームで高齢者・障がい者(児)の健康を支えています。

 

季節のイベントの正月やひな祭り、

クリスマスなどを

献立に取り入れてみたり、

各地・各国の郷土料理を週替わりに入れたりと、

単調になりがちな献立に楽しさをプラスしています。

  • 「保育園・幼稚園や学校」で子ども・保護者へ食育活動

食と健康の土台を作る年代です。

栄養バランスを考えた学校給食や

おやつの献立作成はもちろん、

安全に残さずしっかり食べてもらえるよう、

食物アレルギーや彩り、盛り付けにも配慮していきます。

 

子どもが食材や食べることの

重要性を身に着けてもらえるように、

児童・生徒への「食育」授業を行うことも増えてきました。

 

2005年には、栄養教諭の教員資格も誕生し、

業務の専門性が高まっています。

 

  • 「スポーツ」「美容」の業界で食事指導

近年、注目度が高まっている分野です。

体力づくりや運動で力を発揮できるように

効果的な栄養の摂り方など、けが予防も含め

アスリートを食事管理で支えます。

 

また、ダイエットやアンチエイジングでも

注目浴びてきています。

内面から綺麗になるために

栄養管理で健康的にケアし、

フィットネスクラブやエステサロンで

栄養士資格を持ったインストラクターや

エステティシャンが活躍するケースも増えています。

 

  • その他にも多彩な「食の現場」で活躍

企業の社員食堂などの献立を提供する

「給食事業所」での活躍したり

「食品メーカー」で健康食品やサプリメント開発、

ホテルやレストランなどの「外食産業」

でシェフと協働してメニュー開発、

食品や料理をより魅力的にマネジメントする「フードコーディネター」など

幅広い分野で皆様の健康を支えています。

 

関連記事

  1. 栄養士・管理栄養士も決断することがある
  2. 管理栄養士もうれしい言葉
  3. 管理栄養士監修の商品が増えている秘密
  4. 料理研究家 in福岡 六本松
  5. 栄養士・管理栄養士の仕事楽しんでいますか?
  6. コメントと顔写真の力
  7. 栄養士だって人生の目標をもってもいい
  8. 自然食カフェGRAN

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。